Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

antibiotic me

ミドリ溢れた20代の世界について

ノマドカフェで作業するときの僕の必需品”10点”をざっくりと紹介

f:id:kkanetsuki:20161226235419j:plain

ノマドワーカーとして普段作業される方は自宅、もしくはカフェなどで作業される方も多いと思います。

自分もどちらかというと自宅の部屋よりも外に出て近所のカフェで作業する方がYoutubeなど誘惑に負けず集中して取り組むことができます。

毎日カフェで作業となるとコーヒー代もばかにならないので、できるだけ週の半分ぐらいは節約のため自宅で作業というスタイルをロンドンではとっています。

そこで今回は普段僕が海外のカフェで作業する際に持ち歩く必需品をざっくりと紹介していきたいと思います。

  

1. バックパックとスケートボート

f:id:kkanetsuki:20161227082413j:plain

このバックは個人的にかなりお気に入りのもので、日本での私生活でも海外でも常に持ち歩いています。

機能性としては特に特別優れているわけではありませんが、シンプルなデザインな上、ミリタリー系のブランドなのでとにかく丈夫で頑丈な作りです。

さらにスケートボードをバックに装着できるようベルトなどを使ってカスタマイズしたので、さらに愛着が沸いています。

容量は25と35リットルの二種類ありますが、普段使いなら25でも十分な大きさです。

2. エコボトル

f:id:kkanetsuki:20161227063131j:plain

最近は環境のことを考えて積極的に使う人も増えてきたエコボトルですが、個人的にカフェで作業する上では最も大切な必需品の一つです。

大体カフェでの作業は大体5時間程度ですが、注文するのはいつもブレンドコーヒーか紅茶です。

あからさまにコップが殻の状態で何時間も作業するのはさすがに定員さんに心苦しいので、大体最後まで飲み物は少し残してあります。

僕はけっこう喉がすぐに乾いてしまう人なので、長時間コーヒー1杯で過ごすのはけっこう厳しいので、ちょっとしたときに水を飲むために普段から持ち歩いています。

一時期エコボトルマニアなぐらい色々と買ってみましたが、やっぱりナルゲンのボトルが1番サイズとデザインが好みです。 

nalgene(ナルゲン) カラーボトル 広口0.5L トライタン セーフティーイエロー 91170

nalgene(ナルゲン) カラーボトル 広口0.5L トライタン セーフティーイエロー 91170

 

4. Kindle

f:id:kkanetsuki:20161227063137j:plain

あまり本は読まないのですが、海外のメトロなどは電波が入らないことが多々あるので暇なときに読んだりしています。

海外で本などを買ってしまうと、帰りの飛行機で荷物の重量が超え、かなり痛い出費になってしまう可能性があるので、Kindleはかなり必需品でしょう。

軽くて場所を取らないので、普段からバックに入れて持ち歩いています。

いざというときの暇つぶしに良いかもしません。

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

5. ポーチ

f:id:kkanetsuki:20161227063152j:plain

もともとアウトドア用で使っていたポーチですが、使い心地が良すぎたのでいつもバックに入れて持ち歩いています。

2つセットになっているポーチですので、僕は緑色は生活日用品、紫は電子機器など分けて使っています。

大きさもちょうど良いサイズで何より軽いです。

少しポーチにしては高い値段になっていますが、何年も使ってもらえる商品だと思います。

4. マイクロソフト マウス

f:id:kkanetsuki:20161227063205j:plain

Macbookを使っているので、少しの作業ぐらいだったらマウスパッドを使っていますが、長時間になると少しマウスを使ってやると効率が良くなります。

Macと相性が良いマウスとして、このマイクロソフトのものの評判がよかったので、買ってみましたがけっこう良いです。

値段も安い方なので、是非Macユーザーの方は使ってみると良いかもしれません。

マイクロソフト マウス Bluetooth対応/ワイヤレス Designer Bluetooth Mouse 7N5-00011

マイクロソフト マウス Bluetooth対応/ワイヤレス Designer Bluetooth Mouse 7N5-00011

 

5. ANKEY モバイルバッテリー

f:id:kkanetsuki:20161227063213j:plain

ガジェット界のUNIQLOと言われているアンカーの商品ですが、このモバイルバッテリーは携帯電話・スマートフォンの部門で第二位に入賞した人気商品です。

まずサイズはクレジットカードぐらい小さいにもかかわらず、10000mAhの大容量ですので、僕は5日間ぐらいのスマホや電子機器の充電はこれ一台で十分まかなえます。

値段もセールなどの対象になると2,000円弱で買えるので、破格の値段です。

正直海外ではあまり良質でコスパの良いモバイルバッテリーはほとんどないので、持っていない人は日本を去る前に買っていくのがベストです。

6. 変換プラグ

f:id:kkanetsuki:20161227063212j:plain

海外で充電などをするには必需品の変換プラグですが、どの国の電源でも使えるカシムラのプラグがお気に入りです。

小さくてポーチにも入りやすいので、海外に行くときはいつも持っていっています。

 カフェでの充電をするとき活躍してくれています。

カシムラ 海外用変換プラグ サスケ/ブルー NTI-13

カシムラ 海外用変換プラグ サスケ/ブルー NTI-13

 

7. 充電器とライトニングUSBケーブル 

f:id:kkanetsuki:20161227063233j:plain

ANKEYのモバイルバッテリーを持ち歩いているので、あまり外出先では使いませんがいざというために一応ポーチに入れてあります。

写真のものはどちらも海外で買ったものなので、商品の特定はできませんでしたが、こちらも次買うならANKEY製のものがいいでしょう。

家ではこのプレミアムライトニングUSBケーブルを使っていますが、とても良い商品です。

 

 8. Bragi the Dash

f:id:kkanetsuki:20161227063250j:plain

以前こちらのブログで紹介したワイヤレスイヤホンのBragiです。

購入してから半年以上経っていますが、文句なしのワイヤレスイヤホンです。

カフェで騒がしいときに耳栓代わりにも使えますので、最も大切な必需品の一つですね。

大体こいつを使ってSpotifyで音楽を聞きながら作業するのが今のスタイルです。

www.antibioticme.com

 

 

9. Macbook ケース

f:id:kkanetsuki:20161227063300j:plain

SHUMURIというアメリカのメーカーの商品らしいです。

タイで4,000円ぐらいのけっこう高価なものでしたが、それなりに質の良いケースでした。

今までMacbookはケースなどを使わずに持ち歩いていましたが、一度バックを地面に置いたとき、「ボコ」っと嫌な音がしたのでその後このケースを買いました。

Macbookが壊れてしまうと悲惨なので、念のためケースは何かしら使っておいた方が良いかもしれません。

10. Macbook Pro Retina 13インチ

f:id:kkanetsuki:20161227063303j:plain

全ての作業をこのMacbook Proでやっています。

16GBメモリにカスタマイズしてあるので、動画編集だろうと高速で動いてくれています。

Macbook Proを持ち歩くと少し重いと感じてしまうこともありますが、そんなデメリットをカバーできるぐらいのパフォーマンス力を持っています。

APPLE MacBook Pro with Retina Display (2.7GHz Dual Core i5/13.3インチ/8GB/256GB/Iris Graphics) MF840J/A
 

 

以上ざっくりではありましたが、僕が普段カフェで作業するときの必需品”10点”を紹介させていただきました。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

Remove all ads