Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

antibiotic me

ミドリ溢れた20代の世界について

東欧のシリコンバレー?エストニアでのノマド生活を決めた4つの理由

f:id:kkanetsuki:20170107224524j:plain

12月からロンドンで1ヶ月のノマド生活も明日が最終日です。

日本に帰るまでは残り約2ヶ月残っていますが、次の目的地は東ヨーロッパのエストニアという国です。

滞在予定先はエストニアの首都タリンいうところで、4年前ぐらいに個人的な旅行で一度訪れたことがあります。

ただ読んでいる方はなんでエストニア?と思われる方も多いかと思いますので、今回エストニアでのノマド生活を決めた5つの理由について簡単にお話していきたいと思います。

僕がよく参考にさせていただいているブログ「Kankeri02」でも同じような理由で紹介されています。

www.kankeri02.com 

 

そもそもエストニアという国とは?

f:id:kkanetsuki:20170107224518p:plain

エストニアはバルト三国の一つで、旧ソ連から独立した国です。

今はしっかりとEUに加盟していますし通貨もEuroが使われていますが、未だに日本では認知度が低いヨーロッパの国です。

公用語はエストニア語ですが、旧ソ連だった影響もあり、ロシア語も広く使われています。

人口は130万人ぐらいのかなり小規模で、移民は殆どいない状況で、基本的にはエストニア人、ロシア人、その他東欧諸国や北欧出身の白人で構成されています。

 

ITがかなり進んでいる

f:id:kkanetsuki:20170107224523j:plain

この業界で働いている人なら知ってる人も多いかと思いますが、エストニアは”東欧のシリコンバレー”と言われるぐらいITが盛んな国の一つです。

世界的に有名な「Skype」もエストニアで開発され、最近ヨーロッパを中心に広く使われている海外送金サービス「Transferwise」もエストニア人によって作られたものです。

首都のタリンには街中フリーwifiが飛んでおり、インターネットのインフラも十分すぎるほど整っています。

またネット上で会社設立などもできるということなので、ヨーロッパ各地から有能な人が集まり、毎年沢山のベンチャー企業が誕生しています。

国の市場が小さく、殆どのベンチャー企業が海外向けのサービスを作っているのでこの点イスラエルみたいな国と似ているところがあります。

こういったITが盛んな国だと、ノマド生活をするうえで何かと刺激があったり、ブログのネタにもなるので今回エストニアに行くことを決めました。

 

EUの中では家賃や物価が安い

中央ヨーロッパよりもエストニアの物価は全体的に低く、物によっては半分ぐらい安く売られています。

賃貸も月5万程度で一部屋貸切もしくはスタジオタイプのワンルームを借りることができるので、ロンドンなどに比べると非常に楽です。

現地人の平均月収も1000€以下の場合がほとんどなので、生活費も最低限のお金があれば十分に暮らすことができます。

また娯楽でお金を使う場所もほとんどないので、基本的にお金を使うのは食費ぐらいです。

なので、収入が限られる海外ノマド生活ではかなりの好条件の国の一つだと言えます。

 

英語は問題ないし、ロシア語もいける国

f:id:kkanetsuki:20170107224514j:plain

北欧に続いて、エストニア人の英語力は非常に高いので、エストニア語がわからない外国人にとっても非常に暮らしやすい環境が整っています。

また、旧ソ連だった影響もありエストニアではロシア語話者が多く、町中でもロシア語が頻繁に聞こえたり、レストランのメニューでも英語とロシア語で基本的に書いてあることが多いです。

自分は大学でロシア語を専攻していたので、この点非常にエストニアでは生かされる部分でもあるためけっこうワクワクしています。

 

日本人が少ないので重宝される

コレは意外と重要な理由の一つでもあります。

ウクライナに1年滞在していたときもそうでしたが、こういうマイナーな国には観光客自体も少なく、現地に住んでいる日本人が極めて少ないです。

そのため日本人というだけで何かと注目されることもあり、色んなチャンス降ってきます。

ロンドンなどの巨大な街だと住んでる日本人もかなり多いので、なかなか日本人同士で知り合うのも難しい部分があります。

反対にエストニアなどのマイナーな国だとコミュニティーが小さいので、日本人同士などでも頻繁に出会う機会があるため色々なコネクションが作りやすいという利点があります。

 

以上簡単ではございましたが、エストニアでのノマド生活を決めた4つの理由をまとめてみました。

是非これから海外でノマド生活をされる方、旅行でも十分魅力的な国なので是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

Remove all ads